<-
Apache > HTTP サーバ > ドキュメンテーション > バージョン 2.0 > How-To / チュートリアル

Please note

This document refers to the 2.0 version of Apache httpd, which is no longer maintained. Upgrade, and refer to the current version of httpd instead, documented at:

You may follow this link to go to the current version of this document.

Apache チュートリアル: .htaccess ファイル

Available Languages:  en  |  ja  |  ko 

This translation may be out of date. Check the English version for recent changes.

.htaccess ファイルはディレクトリ毎に設定を変更する方法を 提供します。

top

.htaccess ファイル

top

.htaccess ファイルとは何か/その使い方

.htaccess ファイル (「分散設定ファイル」) は ディレクトリ毎に設定を変更する方法を提供します。ディレクティブの 書かれたファイルをディレクトリに置くことで、そのディレクトリとその サブディレクトリすべてにディレクティブを適用させることができます。

注:

.htaccess ファイルを別の名前にしたい場合は、 AccessFileName ディレクティブを 使って変更することができます。例えば、そのファイルを .config という名前にしたい場合は、以下の設定をサーバ設定ファイルに入れることが できます:

AccessFileName .config

一般に、.htaccess ファイルの構文は 主設定ファイル と同じです。これらのファイルに書くことのできるディレクティブは AllowOverride ディレクティブにより決まります。 このディレクティブは、.htaccess ファイルに 書かれたディレクティブの中で、、 どのディレクティブが適用されるかをカテゴリー単位で指定します。 .htaccess に書くことのできるディレクティブであれば、 説明文書には「上書き」という項目があり、.htaccess に書くことができるように なるための AllowOverride の値が指定されています。

例えば、AddDefaultCharset ディレクティブの説明を 見ると、.htaccess ファイルでの使用が許可されていることが わかります。 (ディレクティブの概要の所にある「コンテキスト」と書かれている 行を見てください。) 上書きと書かれている行には FileInfo とあります。ですから、.htaccess 中の このディレクティブが有効になるためには、少なくとも AllowOverride FileInfo が設定されている必要があります。

例:

コンテキスト: サーバ設定ファイル,バーチャルホスト,ディレクトリ,.htaccess
上書き: FileInfo

あるディレクティブを .htaccess ファイルに書くことができるか どうかわからないときは、そのディレクティブの説明を探して、".htaccess" のための「コンテキスト」の行を調べてください。

top

いつ .htaccess ファイルを使う(使わない)か。

一般的に、サーバの主設定ファイルにアクセスできない場合を除いて、 .htaccess ファイルの使用は極力避けてください。 世の中には、例えば、ユーザ認証は常に .htaccess ファイルで 行なわなければならない、という誤解が広まっていますが、まったくそんなことは ありません。ユーザ認証の設定はサーバ主設定ファイルに書くことができ、 実際、その方がより良い設定方法です。

.htaccess ファイルはコンテンツ提供者がディレクトリ毎の 設定を行ないたいけれど、サーバシステムの root アクセス権限を持っていない という場合にのみ使うべきものです。サーバ管理者が頻繁に設定変更を行ないたくは ない、というときには個々のユーザが .htaccess ファイルを使って 自分で設定の変更を行なうことを許可した方が良いときもあるでしょう。 これは特に、ISP が複数のユーザのサイトを一つのマシンでホストしていて、 各ユーザが設定の変更をできるようにしたいようなときにあてはまります。

しかし、普通は可能であれば .htaccess ファイルの使用は 避けてください。.htaccess ファイルに書こうと考えるような すべての設定は、サーバの主設定ファイルの <Directory> セクションで同じように行なうことが できます。

.htaccess ファイルの使用を避ける理由は主に二つあります。

一つ目はサーバの性能の問題です。AllowOverride ディレクティブが .htaccess ファイルの設定を許可している場合は、Apache は 各ディレクトリで .htaccess ファイルを探します。 ですから、.htaccess ファイルを許可すると、実際に使用しているか どうかに関わらず、性能の低下を招くことになります! また、.htaccess ファイルは文書がリクエストされる度に読み込まれます。

さらに、Apache は適用すべきディレクティブを集めるために、すべての 上位のディレクトリの .htaccess ファイルを探す必要があることにも 注意してください。(ディレクティブが適用される方法を 参照してください。)ですから、/www/htdocs/example にある ファイルがリクエストされたときは、Apache は以下のファイルを調べます。

/.htaccess
/www/.htaccess
/www/htdocs/.htaccess
/www/htdocs/example/.htaccess

ですから、そのディレクトリのそれぞれのファイルへのアクセスに対して、 上の例のファイルがまったく存在しないときでも、追加のファイルシステムの アクセスが行なわれることになります。(これは、.htaccess/ に対して有効になっているときの場合で、普通はそうなって いないことに注意してください。)

二つ目はセキュリティです。ユーザにサーバの設定を変更することを 許可することになりますので、あなた自身が管理できない変更をされる 恐れがあります。ユーザにこの特権を与えるのが良いのかどうか、十分 検討してください。また、ユーザに与える権限が必要なものよりも少なすぎると、 余分な技術サポート報告を受け取るようになる可能性が高いことにも 注意してください。確実に、ユーザにどの程度の権限を与えたか明確に告げるように してください。AllowOverride に 何を設定したかということと、関連する文書を示すことで、 後々の混乱をぐっと減らすことが できます。

ところで、ディレクティブの書かれた .htaccess/www/htdocs/example に置くことと、同じディレクティブを 主サーバ設定の Directory セクション <Directory /www/htdocs/example> に書くことは 完全に等価です:

/www/htdocs/example.htaccess ファイル:

/www/htdocs/example の .htaccess ファイルの 内容

AddType text/example .exm

httpd.conf のセクション file

<Directory /www/htdocs/example>
AddType text/example .exm
</Directory>

しかし、この設定はサーバ設定ファイルに書いた方がパフォーマンスの 低下が少なくなります。ファイルがリクエストされる度に 読み込まれる代わりに、Apache の起動時に 1 回だけ読み込めば よくなるからです。

AllowOverride ディレクティブの 値を none に設定することで .htaccess ファイル の使用を完全に無効にすることができます。

AllowOverride None

top

ディレクティブの適用のされ方

.htaccess ファイルの設定ディレクティブは .htaccess ファイルの存在するディレクトリと、そのサブディレクトリすべてに適用されます。 しかし、上の階層のディレクトリにも .htaccess ファイルが 存在するかもしれないことを覚えておくことは大切です。ディレクティブは現れる 順番に適用されます。ですから、あるディレクトリの .htaccess は ディレクトリツリーのより上の階層の .htaccess ファイルの 設定を上書きするかもしれません。そして、その .htaccess も より上の階層で書かれたディレクティブを上書きしたり、主サーバ設定ファイル そのものの設定を上書きしたりしているかもしれません。

例:

ディレクトリ /www/htdocs/example1 に以下の内容の .htaccess ファイルがあります:

Options +ExecCGI

(注: .htaccess ファイルで "Options" ディレクティブが有効になるためには、 "AllowOverride Options" を有効にする必要があります。)

ディレクトリ /www/htdocs/example1/example2 には 以下のような .htaccess ファイルがあります:

Options Includes

二つめの .htaccess により、ディレクトリ /www/htdocs/example1/example2 では CGI の実行は 許可されません。これは、Options Includes のみが 効力を持ち、それがすべての以前の設定を上書きするからです。

top

認証の例

もし認証の方法を知るためにこの部分に直接来たのであれば、次のことを 知っておくことが重要です。よくある誤解に、パスワード認証を行なうためには .htaccess ファイルを使う必要がある、というものがあります。 これは正しくありません。主サーバ設定ファイルの <Directory> セクションに 認証用のディレクティブを書く方が推奨される方法で、.htaccess ファイルは主サーバ設定ファイルを変更できないときにのみ使用すべきです。 いつ .htaccess ファイルを使うべきで、いつ使うべきではないかに ついては を参照してください。

以上のことをふまえた上で、もし .htaccess の使用が まだ必要だと思う場合は、次のようなものが望みのことをしてくれるかも しれません。

ディレクティブが適用されるためには、 "AllowOverride AuthConfig" の設定がなされている 必要があります。

.htaccess ファイルの内容:

AuthType Basic
AuthName "Password Required"
AuthUserFile /www/passwords/password.file
AuthGroupFile /www/passwords/group.file
Require Group admins

これらのディレクティブが有効になるためには、 AllowOverride AuthConfig が有効でなくてはならないことに 注意してください。

認証と承認については 認証チュートリアルを 参照してください。

top

SSI の例

もう一つの .htaccess ファイルのよくある利用法は 特定のディレクトリで SSI を有効にすることです。これは、望みのディレクトリの .htaccess ファイルに以下の設定ディレクティブを書くことで 達成できます:

Options +Includes
AddType text/html shtml
AddHandler server-parsed shtml

これらのディレクティブが有効になるためには、 AllowOverride OptionsAllowOverride FileInfo が有効になっている必要があることに注意してください。

よりまとまった SSI の説明は SSI チュートリアルを 参照してください。

top

CGI の例

最後に、特定のディレクトリで CGI プログラムの実行を許可したいことが あるでしょう。これは以下の設定で行なうことができます:

Options +ExecCGI
AddHandler cgi-script cgi pl

もしくは、あるディレクトリのすべてのファイルが CGI プログラムと みなされるようにしたいなら、以下の設定で実現することができます:

Options +ExecCGI
SetHandler cgi-script

これらのディレクティブが有効になるためには、 AllowOverride OptionsAllowOverride FileInfo が有効である必要があることに注意してください。

CGI プログラムと設定のよりまとまった説明は CGI チュートリアルを参照してください。

top

問題解決

設定ディレクティブを .htaccess ファイルに書いたけれども、 期待した効果が得られないときには、いくつかの原因が考えられます。

一番よくあることは、設定ディレクティブが考慮されるようには AllowOverride が設定されていない というものです。該当のファイルのスコープに AllowOverride None が設定されていないことを確認してください。これを調べるための良い方法は、 .htaccess ファイルにごみを書いて、リロードすることです。 サーバのエラーが生成されないときは、ほぼ確実に AllowOverride None が設定されている状態になっています。

そうではなく、文書をアクセスしようとしたときにエラーが発生している ときは、Apache のエラーログを調べてください。.htaccess ファイルで 使用されたディレクティブが許可されていない、ということを知らせている 可能性が高いです。または、構文の間違いがあることを述べているかもしれません。 その場合にはまずそれを修正する必要があります。

Available Languages:  en  |  ja  |  ko