<-
Apache > HTTP サーバ > ドキュメンテーション > バージョン 2.0 > モジュール

Please note

This document refers to the 2.0 version of Apache httpd, which is no longer maintained. Upgrade, and refer to the current version of httpd instead, documented at:

You may follow this link to go to the current version of this document.

ディレクティブ クイックリファレンス

Available Languages:  de  |  en  |  es  |  ja  |  ko  |  ru  |  tr 

This translation may be out of date. Check the English version for recent changes.

ディレクティブ クイックリファレンスでは、各 Apache 設定ディレクティブの 使用方法、デフォルト値、ステータスとコンテキストを示しています。 各ディレクティブの、より詳しい情報に関しては ディレクティブ辞書を ご覧下さい。

第 1 列目はディレクティブの名前と使用方法です。 第 2 列目は (もしあれば) デフォルト値となっています。 デフォルト値が長すぎて表示しきれない場合は、最初の文字列の後ろに 「 + 」が続きます。

第 3, 4 列は、下の表の注釈に従って、 ディレクティブの使用できるコンテキストと、 ディレクティブのステータスが示されています。

 A  |  B  |  C  |  D  |  E  |  F  |  G  |  H  |  I  |  K  |  L  |  M  |  N  |  O  |  P  |  R  |  S  |  T  |  U  |  V  |  W  |  X 
sサーバ設定ファイル
vバーチャルホスト
dディレクトリ
h.htaccess
CCore
MMPM
BBase
EExtension
XExperimental
AcceptMutex default|method default sM
複数の子プロセスがネットワークソケットでリクエストを accept しようとしているときに、Apache がそれらの子プロセスを直列化するために 使う方法
AcceptPathInfo On|Off|Default Default svdhC
後に続くパス名情報を受け付けるリソースの指定
AccessFileName filename [filename] ... .htaccess svC
分散設定ファイルの名前
Action action-type cgi-scriptsvdhB
特定のハンドラやコンテントタイプに対して CGI を実行するように 設定
AddAlt string file [file] ...svdhB
アイコンの代わりに 表示される、ファイル名で選択された代替テキスト
AddAltByEncoding string MIME-encoding [MIME-encoding] ...svdhB
アイコンの代わりに表示される、MIME 符号化方法で選択された 代替テキスト
AddAltByType string MIME-type [MIME-type] ...svdhB
アイコンの代わりに 表示される、MIME タイプで選択された代替テキスト
AddCharset charset extension [extension] ...svdhB
ファイル名の拡張子を指定された文字セットにマップする
AddDefaultCharset On|Off|charset Off svdhC
明示的に文字セットを指定していない応答に追加される デフォルトの文字セット
AddDescription string file [file] ...svdhB
ファイルに対して表示する説明
AddEncoding MIME-enc extension [extension] ...svdhB
ファイル名の拡張子を指定されたエンコーディング にマップする
AddHandler handler-name extension [extension] ...svdhB
ファイル名の拡張子を指定されたハンドラにマップする
AddIcon icon name [name] ...svdhB
ファイルに表示するアイコンを名前で選択
AddIconByEncoding icon MIME-encoding [MIME-encoding] ...svdhB
ファイルに表示するアイコンを MIME 符号化方法で選択
AddIconByType icon MIME-type [MIME-type] ...svdhB
ファイルの隣に表示するアイコンを MIME タイプによって選択
AddInputFilter filter[;filter...] extension [extension] ...svdhB
ファイルの拡張子をクライアントのリクエストを処理する フィルタにマップする
AddLanguage MIME-lang extension [extension] ...svdhB
ファイル名を指定された言語にマップ
AddModuleInfo module-name stringsvE
server-info ハンドラにより表示されるモジュールの情報に 追加の情報を付け加える
AddOutputFilter filter[;filter...] extension [extension] ...svdhB
ファイル名の拡張子をサーバからの応答を処理するフィルタに マップする
AddOutputFilterByType filter[;filter...] MIME-type [MIME-type] ...svdhC
MIME-type に出力フィルタを割り当てる
AddType MIME-type extension [extension] ...svdhB
ファイル名の拡張子を指定されたコンテントタイプにマップ
Alias URL-path file-path|directory-pathsvB
URL をファイルシステムの位置にマップする
AliasMatch regex file-path|directory-pathsvB
正規表現を使って URL をファイルシステムの位置にマップする
Allow from all|host|env=env-variable [host|env=env-variable] ...dhB
サーバのある領域にアクセスできるホストを制御する
AllowCONNECT port [port] ... 443 563 svE
Ports that are allowed to CONNECT through the proxy
AllowEncodedSlashes On|Off Off svC
URL 中の符号化されたパス分離文字が先に伝えられるのを許可するかどうかを 決定する
AllowOverride All|None|directive-type [directive-type] ... All dC
.htaccess で許可されるディレクティブの種類
Anonymous user [user] ...dhE
Specifies userIDs that are allowed access without password verification
Anonymous_Authoritative On|Off Off dhE
Configures if authorization will fall-through to other methods
Anonymous_LogEmail On|Off On dhE
Sets whether the password entered will be logged in the error log
Anonymous_MustGiveEmail On|Off On dhE
Specifies whether blank passwords are allowed
Anonymous_NoUserID On|Off Off dhE
Sets whether the userID field may be empty
Anonymous_VerifyEmail On|Off Off dhE
Sets whether to check the password field for a correctly formatted email address
AssignUserID user-id group-idvM
Tie a virtual host to a user and group ID
AuthAuthoritative On|Off On dhB
認証と承認プロセスを、 より低いレベルのモジュールに移行させるかどうかを設定する
AuthDBMAuthoritative On|Off On dhE
Sets whether authentication and authorization will be passed on to lower level modules
AuthDBMGroupFile file-pathdhE
Sets the name of the database file containing the list of user groups for authentication
AuthDBMType default|SDBM|GDBM|NDBM|DB default dhE
Sets the type of database file that is used to store passwords
AuthDBMUserFile file-pathdhE
Sets thename of a database file containing the list of users and passwords for authentication
AuthDigestAlgorithm MD5|MD5-sess MD5 dhX
Selects the algorithm used to calculate the challenge and response hases in digest authentication
AuthDigestDomain URI [URI] ...dhX
URIs that are in the same protection space for digest authentication
AuthDigestFile file-pathdhX
Location of the text file containing the list of users and encoded passwords for digest authentication
AuthDigestGroupFile file-pathdhX
Name of the text file containing the list of groups for digest authentication
AuthDigestNcCheck On|Off Off sX
Enables or disables checking of the nonce-count sent by the server
AuthDigestNonceFormat formatdhX
Determines how the nonce is generated
AuthDigestNonceLifetime seconds 300 dhX
How long the server nonce is valid
AuthDigestQop none|auth|auth-int [auth|auth-int] auth dhX
Determines the quality-of-protection to use in digest authentication
AuthDigestShmemSize size 1000 sX
The amount of shared memory to allocate for keeping track of clients
AuthGroupFile file-pathdhB
認証に使用するユーザグループの一覧が格納されている、 テキストファイルの名前を設定する
AuthLDAPAuthoritative on|off on dhX
Prevent other authentication modules from authenticating the user if this one fails
AuthLDAPBindDN distinguished-namedhX
Optional DN to use in binding to the LDAP server
AuthLDAPBindPassword passworddhX
Password used in conjuction with the bind DN
AuthLDAPCharsetConfig file-pathsX
Language to charset conversion configuration file
AuthLDAPCompareDNOnServer on|off on dhX
Use the LDAP server to compare the DNs
AuthLDAPDereferenceAliases never|searching|finding|always Always dhX
When will the module de-reference aliases
AuthLDAPEnabled on|off on dhX
Turn on or off LDAP authentication
AuthLDAPFrontPageHack on|off off dhX
Allow LDAP authentication to work with MS FrontPage
AuthLDAPGroupAttribute attributedhX
LDAP attributes used to check for group membership
AuthLDAPGroupAttributeIsDN on|off on dhX
Use the DN of the client username when checking for group membership
AuthLDAPRemoteUserIsDN on|off off dhX
Use the DN of the client username to set the REMOTE_USER environment variable
AuthLDAPUrl urldhX
URL specifying the LDAP search parameters
AuthName auth-domaindhC
HTTP 認証の認可領域 (訳注: realm)
AuthType Basic|DigestdhC
ユーザ認証の種類
AuthUserFile file-pathdhB
認証に使用するユーザとパスワードの一覧が格納されている、 テキストファイルの名前を設定する
BrowserMatch regex [!]env-variable[=value] [[!]env-variable[=value]] ...svdhB
HTTP User-Agent に基づいて環境変数を設定する
BrowserMatchNoCase regex [!]env-variable[=value] [[!]env-variable[=value]] ...svdhB
HTTP User-Agent に基づいて大文字小文字を区別せずに 環境変数を設定する
BS2000Account accountsM
BS2000 での非特権アカウントを定義する
BufferedLogs On|Off Off sB
Buffer log entries in memory before writing to disk
CacheDefaultExpire seconds 3600 (one hour) svX
The default duration to cache a document when no expiry date is specified.
CacheDirLength length 2 svX
The number of characters in subdirectory names
CacheDirLevels levels 3 svX
The number of levels of subdirectories in the cache.
CacheDisable url-stringsvX
Disable caching of specified URLs
CacheEnable cache_type url-stringsvX
Enable caching of specified URLs using a specified storage manager
CacheExpiryCheck On|Off On svX
Indicates if the cache observes Expires dates when seeking files
CacheFile file-path [file-path] ...sX
Cache a list of file handles at startup time
CacheForceCompletion Percentage 60 svX
Percentage of document served, after which the server will complete caching the file even if the request is cancelled.
CacheGcClean hours url-string ? svX
The time to retain unchanged cached files that match a URL
CacheGcDaily time ? svX
The recurring time each day for garbage collection to be run. (24 hour clock)
CacheGcInterval hourssvX
The interval between garbage collection attempts.
CacheGcMemUsage KBytes ? svX
The maximum kilobytes of memory used for garbage collection
CacheGcUnused hours url-string ? svX
The time to retain unreferenced cached files that match a URL.
CacheIgnoreCacheControl On|Off Off svX
Ignore the fact that the client requested the content not be cached.
CacheIgnoreHeaders header-string [header-string] ... None svX
Do not store the given HTTP header(s) in the cache.
CacheIgnoreNoLastMod On|Off Off svX
Ignore the fact that a response has no Last Modified header.
CacheLastModifiedFactor float 0.1 svX
The factor used to compute an expiry date based on the LastModified date.
CacheMaxExpire seconds 86400 (one day) svX
The maximum time in seconds to cache a document
CacheMaxFileSize bytes 1000000 svX
The maximum size (in bytes) of a document to be placed in the cache
CacheMinFileSize bytes 1 svX
The minimum size (in bytes) of a document to be placed in the cache
CacheNegotiatedDocs On|Off Off svB
コンテントネゴシエーションされたドキュメントをプロキシサーバが キャッシュできるようにする
CacheRoot directorysvX
The directory root under which cache files are stored
CacheSize KBytes 1000000 svX
The maximum amount of disk space that will be used by the cache in KBytes
CacheTimeMargin ? ? svX
The minimum time margin to cache a document
CGIMapExtension cgi-path .extensiondhC
CGI スクリプトのインタープリタの位置を調べるための手法
CharsetDefault charsetsvdhX
Charset to translate into
CharsetOptions option [option] ... DebugLevel=0 NoImpl +svdhX
Configures charset translation behavior
CharsetSourceEnc charsetsvdhX
Source charset of files
CheckSpelling on|off Off svdhE
spelling モジュールを使用するようにする
ChildPerUserID user-id group-id num-childrensM
Specify user ID and group ID for a number of child processes
ContentDigest On|Off Off svdhC
Content-MD5 HTTP 応答ヘッダの生成を有効にする
CookieDomain domainsvdhE
The domain to which the tracking cookie applies
CookieExpires expiry-periodsvdhE
Expiry time for the tracking cookie
CookieLog filenamesvB
クッキングのロギングのためのファイル名を設定する
CookieName token Apache svdhE
Name of the tracking cookie
CookieStyle Netscape|Cookie|Cookie2|RFC2109|RFC2965 Netscape svdhE
Format of the cookie header field
CookieTracking on|off off svdhE
Enables tracking cookie
CoreDumpDirectory directorysM
Apache がコアダンプする前に移動を試みるディレクトリ
CustomLog file|pipe format|nickname [env=[!]environment-variable]svB
ログファイルの名前と書式を設定する
Dav On|Off|provider-name Off dE
WebDAV HTTP メソッドを有効にします
DavDepthInfinity on|off off svdE
PROPFIND, Depth: Infinity リクエストを許可します
DavLockDB file-pathsvE
DAV ロックデータベースの位置
DavMinTimeout seconds 0 svdE
サーバが DAV リソースのロックを維持する最小時間です。
DefaultIcon url-pathsvdhB
特定のアイコンが何も設定されていない時に ファイルに表示するアイコン
DefaultLanguage MIME-langsvdhB
あるスコープのすべてのファイルを指定された言語に 設定する
DefaultType MIME-type text/plain svdhC
サーバがコンテントタイプを決定できないときに 送られる MIME コンテントタイプ
DeflateBufferSize value 8096 svE
zlib が一度に圧縮する塊の大きさ
DeflateCompressionLevel valuesvE
出力に対して行なう圧縮の程度
DeflateFilterNote [type] notenamesvE
ロギング用に圧縮比をメモに追加
DeflateMemLevel value 9 svE
zlib が圧縮に使うメモリのレベルを指定
DeflateWindowSize value 15 svE
Zlib の圧縮用ウィンドウの大きさ
Deny from all|host|env=env-variable [host|env=env-variable] ...dhB
サーバがアクセスを拒否するホストを制御する
<Directory directory-path> ... </Directory>svC
指定のファイルシステムのディレクトリとサブディレクトリとのみに 適用されるディレクティブを囲む
DirectoryIndex local-url [local-url] ... index.html svdhB
クライアントがディレクトリをリクエストしたときに調べる リソースのリスト
<DirectoryMatch regex> ... </DirectoryMatch>svC
正規表現にマッチするファイルシステムのディレクトリと サブディレクトリとのみに適用されるディレクティブを囲む
DirectorySlash On|Off On svdhB
パス末尾のスラッシュでリダイレクトするかどうかのオンオフをトグルさせる
DocumentRoot directory-path /usr/local/apache/h +svC
ウェブから見えるメインのドキュメントツリーになる ディレクトリ
DumpIOInput On|Off Off sX
Dump all input data to the error log
DumpIOOutput On|Off Off sX
Dump all output data to the error log
EnableExceptionHook On|Off Off sM
クラッシュの後に例外ハンドラを実行するフックを有効にする
EnableMMAP On|Off On svdhC
配送中にファイルを読み込むためにメモリマッピングを 使うかどうか
EnableSendfile On|Off On svdhC
ファイルのクライアントへの配送時にカーネルの sendfile サポートを 使うかどうか
ErrorDocument error-code documentsvdhC
エラーが発生したときにサーバがクライアントに送るもの
ErrorLog file-path|syslog[:facility] logs/error_log (Uni +svC
サーバがエラーをログ収集する場所
ExamplesvdhX
Demonstration directive to illustrate the Apache module API
ExpiresActive On|OffsvdhE
Expires ヘッダの生成を有効にする
ExpiresByType MIME-type <code>secondssvdhE
MIME タイプによって設定される Expires ヘッダの値
ExpiresDefault <code>secondssvdhE
期限切れ期日を計算するデフォルトアルゴリズム
ExtendedStatus On|Off Off sB
各リクエストに対して拡張ステータス情報を保存する
ExtFilterDefine filtername parameterssE
Define an external filter
ExtFilterOptions option [option] ... DebugLevel=0 NoLogS +dE
Configure mod_ext_filter options
FileETag component ... INode MTime Size svdhC
ETag HTTP 応答ヘッダを作成するために使用される ファイルの属性
<Files filename> ... </Files>svdhC
マッチするファイル名に適用されるディレクティブを囲む
<FilesMatch regex> ... </FilesMatch>svdhC
正規表現にマッチするファイル名に適用される ディレクティブを囲む
ForceLanguagePriority None|Prefer|Fallback [Prefer|Fallback] Prefer svdhB
要求に合う単独のドキュメントが見つからなかったときに行なうことを指定
ForceType MIME-type|NonedhC
すべてのマッチするファイルが指定の MIME コンテントタイプで 送られるようにする
ForensicLog filename|pipesvE
Sets filename of the forensic log
Group unix-group #-1 sM
リクエストに応答する際に所属するグループ
Header [condition] set|append|add|unset|echo header [value] [env=[!]variable]svdhE
Configure HTTP response headers
HeaderName filenamesvdhB
インデックス一覧の先頭に挿入されるファイルの名前
HostnameLookups On|Off|Double Off svdC
クライアントの IP アドレスの DNS ルックアップを 有効にする
IdentityCheck On|Off Off svdC
リモートユーザの RFC1413 によるアイデンティティのロギングを 有効にする
<IfDefine [!]parameter-name> ... </IfDefine>svdhC
起動時にテストが真であるときのみに処理されるディレクティブを 囲む
<IfModule [!]module-name> ... </IfModule>svdhC
モジュールの存在するかしないかに応じて処理される ディレクティブを囲む
<IfVersion [[!]operator] version> ... </IfVersion>svdhE
バージョン依存の設定を入れる
ImapBase map|referer|URL http://servername/ svdhB
Default base for imagemap files
ImapDefault error|nocontent|map|referer|URL nocontent svdhB
Default action when an imagemap is called with coordinates that are not explicitly mapped
ImapMenu none|formatted|semiformatted|unformattedsvdhB
Action if no coordinates are given when calling an imagemap
Include file-path|directory-pathsvdC
サーバ設定ファイル中から他の設定ファイルを取り込む
IndexIgnore file [file] ...svdhB
ディレクトリ一覧を行なう際に無視すべき ファイルリストに追加
IndexOptions [+|-]option [[+|-]option] ...svdhB
ディレクトリインデックスの様々な設定項目
IndexOrderDefault Ascending|Descending Name|Date|Size|Description Ascending Name svdhB
ディレクトリインデックスの標準の順番付けを設定
ISAPIAppendLogToErrors on|off off svdhB
Record HSE_APPEND_LOG_PARAMETER requests from ISAPI extensions to the error log
ISAPIAppendLogToQuery on|off on svdhB
Record HSE_APPEND_LOG_PARAMETER requests from ISAPI extensions to the query field
ISAPICacheFile file-path [file-path] ...svB
ISAPI .dll files to be loaded at startup
ISAPIFakeAsync on|off off svdhB
Fake asynchronous support for ISAPI callbacks
ISAPILogNotSupported on|off off svdhB
Log unsupported feature requests from ISAPI extensions
ISAPIReadAheadBuffer size 49152 svdhB
Size of the Read Ahead Buffer sent to ISAPI extensions
KeepAlive On|Off On svC
HTTP の持続的な接続を有効にする
KeepAliveTimeout seconds 15 svC
持続的な接続で次のリクエストが来るまでサーバが待つ時間
LanguagePriority MIME-lang [MIME-lang] ...svdhB
クライアントが優先度を示さなかったときの言語の variant の優先度を 指定
LDAPCacheEntries number 1024 sX
Maximum number of entries in the primary LDAP cache
LDAPCacheTTL seconds 600 sX
Time that cached items remain valid
LDAPConnectionTimeout secondssX
Specifies the socket connection timeout in seconds
LDAPOpCacheEntries number 1024 sX
Number of entries used to cache LDAP compare operations
LDAPOpCacheTTL seconds 600 sX
Time that entries in the operation cache remain valid
LDAPSharedCacheFile directory-path/filenamesX
Sets the shared memory cache file
LDAPSharedCacheSize bytes 102400 sX
Size in bytes of the shared-memory cache
LDAPTrustedCA directory-path/filenamesX
Sets the file containing the trusted Certificate Authority certificate or database
LDAPTrustedCAType typesX
Specifies the type of the Certificate Authority file
<Limit method [method] ... > ... </Limit>svdhC
囲いの中にあるアクセス制御の適用を特定の HTTP メソッドのみに 制限する
<LimitExcept method [method] ... > ... </LimitExcept>svdhC
指定されたもの以外の HTTP メソッドにアクセス制御を 制限する
LimitInternalRecursion number [number] 10 svC
内部リダイレクトと入れ子になったサブリクエストの最大数を決定する
LimitRequestBody bytes 0 svdhC
クライアントから送られる HTTP リクエストのボディの 総量を制限する
LimitRequestFields number 100 sC
クライアントからの HTTP リクエストのヘッダフィールドの数を 制限する
LimitRequestFieldsize bytessC
クライアントからの HTTP リクエストのヘッダの サイズを制限する
LimitRequestLine bytes 8190 sC
クライアントからの HTTP リクエスト行のサイズを制限する
LimitXMLRequestBody bytes 1000000 svdhC
XML 形式のリクエストのボディのサイズを制限する
Listen [IP-address:]portnumbersM
サーバが listen するIP アドレスとポート番号
ListenBacklog backlogsM
保留状態のコネクションのキューの最大長
LoadFile filename [filename] ...sE
指定されたオブジェクトファイルやライブラリをリンクする
LoadModule module filenamesE
オブジェクトファイルやライブラリをリンクし、使用モジュールの リストに追加する
<Location URL-path|URL> ... </Location>svC
囲んだディレクティブをマッチする URL のみに適用
<LocationMatch regex> ... </LocationMatch>svC
囲んだディレクティブを正規表現にマッチする URL のみに 適用
LockFile filename logs/accept.lock sM
受付を直列化するためのロックファイルの位置
LogFormat format|nickname [nickname] "%h %l %u %t \"%r\" +svB
ログファイルで使用する書式を設定する
LogLevel level warn svC
ErrorLog の冗長性を制御する
MaxClients numbersM
リクエストに応答するために作成される 子プロセスの最大個数
MaxKeepAliveRequests number 100 svC
持続的な接続上で許可されるリクエストの数
MaxMemFree KBytes 0 sM
free() が呼ばれない限り、 主メモリアロケータが保持し続けられるメモリの最大量
MaxRanges default | unlimited | none | number-of-ranges 200 svdC
Number of ranges allowed before returning the complete resource
MaxRequestsPerChild number 10000 sM
個々の子サーバが稼働中に扱うリクエスト数の上限
MaxRequestsPerThread number 0 sM
Limit on the number of requests that an individual thread will handle during its life
MaxSpareServers number 10 sM
アイドルな子サーバプロセスの最大個数
MaxSpareThreads numbersM
アイドルスレッドの最大数
MaxThreads number 2048 sM
Set the maximum number of worker threads
MaxThreadsPerChild number 64 sM
Maximum number of threads per child process
MCacheMaxObjectCount value 1009 sX
キャッシュに保管されるオブジェクトの最大数
MCacheMaxObjectSize bytes 10000 sX
キャッシュに保管できるドキュメントの最大サイズ (バイト)
MCacheMaxStreamingBuffer size_in_bytes of 100000 か MCacheM +sX
ストリームされている応答をキャッシュ不能と決定するまでに メモリにバッファする最大量
MCacheMinObjectSize bytes 0 sX
キャッシュに保管されるドキュメントの最小サイズ (バイト)
MCacheRemovalAlgorithm LRU|GDSF GDSF sX
キャッシュから削除するドキュメントを選ぶためのアルゴリズム
MCacheSize KBytes 100 sX
キャッシュに使われるメモリの最大量をキロバイト単位で指定
MetaDir directory .web svdhE
Name of the directory to find CERN-style meta information files
MetaFiles on|off off svdhE
Activates CERN meta-file processing
MetaSuffix suffix .meta svdhE
File name suffix for the file containg CERN-style meta information
MimeMagicFile file-pathsvE
Enable MIME-type determination based on file contents using the specified magic file
MinSpareServers number 5 sM
アイドルな子サーバプロセスの最小個数
MinSpareThreads numbersM
リクエストに応答することのできる アイドルスレッド数の最小数
MMapFile file-path [file-path] ...sX
Map a list of files into memory at startup time
ModMimeUsePathInfo On|Off Off dB
path_info コンポーネントをファイル名の一部として扱うように mod_mime に通知する
MultiviewsMatch Any|NegotiatedOnly|Filters|Handlers [Handlers|Filters] NegotiatedOnly svdhB
MultiViews でのマッチングの検索に含ませる ファイルのタイプを指定する
NameVirtualHost addr[:port]sC
名前ベースのバーチャルホストのための IP アドレスを指定
NoProxy host [host] ...svE
Hosts, domains, or networks that will be connected to directly
NumServers number 2 sM
Total number of children alive at the same time
NWSSLTrustedCerts filename [filename] ...sB
List of additional client certificates
NWSSLUpgradeable [IP-address:]portnumbersB
Allows a connection to be upgraded to an SSL connection upon request
Options [+|-]option [[+|-]option] ... All svdhC
ディレクトリに対して使用可能な機能を設定する
Order ordering Deny,Allow dhB
デフォルトのアクセス可能な状態と、AllowDeny が評価される順番を制御する
PassEnv env-variable [env-variable] ...svdhB
シェルからの環境変数を渡す
PidFile filename logs/httpd.pid M
デーモンのプロセス ID をサーバが記録するためのファイル
ProtocolEcho On|OffsvX
エコーサーバの有効無効を設定します。
<Proxy wildcard-url> ...</Proxy>svE
Container for directives applied to proxied resources
ProxyBadHeader IsError|Ignore|StartBody IsError svE
Determines how to handle bad header lines in a response
ProxyBlock *|word|host|domain [word|host|domain] ...svE
Words, hosts, or domains that are banned from being proxied
ProxyDomain DomainsvE
Default domain name for proxied requests
ProxyErrorOverride On|Off Off svE
Override error pages for proxied content
ProxyFtpDirCharset character set ISO-8859-1 svdE
Define the character set for proxied FTP listings
ProxyIOBufferSize bytes 8192 svE
Determine size of internal data throughput buffer
<ProxyMatch regex> ...</ProxyMatch>svE
Container for directives applied to regular-expression-matched proxied resources
ProxyMaxForwards number 10 svE
Maximium number of proxies that a request can be forwarded through
ProxyPass [path] !|urlsvdE
Maps remote servers into the local server URL-space
ProxyPassReverse [path] urlsvdE
Adjusts the URL in HTTP response headers sent from a reverse proxied server
ProxyPreserveHost On|Off Off svE
Use incoming Host HTTP request header for proxy request
ProxyReceiveBufferSize bytes 0 svE
Network buffer size for proxied HTTP and FTP connections
ProxyRemote match remote-serversvE
Remote proxy used to handle certain requests
ProxyRemoteMatch regex remote-serversvE
Remote proxy used to handle requests matched by regular expressions
ProxyRequests On|Off Off svE
Enables forward (standard) proxy requests
ProxyTimeout seconds 300 svE
Network timeout for proxied requests
ProxyVia On|Off|Full|Block Off svE
Information provided in the Via HTTP response header for proxied requests
ReadmeName filenamesvdhB
インデックス一覧の最後に挿入されるファイルの名前
ReceiveBufferSize bytes 0 sM
TCP receive buffer size
Redirect [status] URL-path URLsvdhB
クライアントが違う URL を取得するように外部へのリダイレクトを 送る
RedirectMatch [status] regex URLsvdhB
現在の URL への正規表現のマッチにより 外部へのリダイレクトを送る
RedirectPermanent URL-path URLsvdhB
クライアントが違う URL を取得するように外部への永久的な リダイレクトを送る
RedirectTemp URL-path URLsvdhB
クライアントが違う URL を取得するように外部への一時的な リダイレクトを送る
RemoveCharset extension [extension] ...vdhB
ファイルの拡張子に関連付けられたすべての文字セット を解除する
RemoveEncoding extension [extension] ...vdhB
ファイルの拡張子に関連付けられたすべてのコンテントエンコーディング を解除する
RemoveHandler extension [extension] ...vdhB
ファイルの拡張子に関連付けられたすべてのハンドラを 解除する
RemoveInputFilter extension [extension] ...vdhB
ファイル拡張子に関連付けられた入力フィルタを解除する
RemoveLanguage extension [extension] ...vdhB
ファイル拡張子に関連付けられた言語を解除する
RemoveOutputFilter extension [extension] ...vdhB
ファイル拡張子に関連付けられた出力フィルタを解除する
RemoveType extension [extension] ...vdhB
ファイルの拡張子と関連付けられたコンテントタイプを 解除する
RequestHeader set|append|add|unset header [value [env=[!]variable]]svdhE
Configure HTTP request headers
Require entity-name [entity-name] ...dhC
どの認証済みユーザがリソースをアクセスできるかを選択する
RewriteBase URL-pathdhE
Sets the base URL for per-directory rewrites
RewriteCond TestString CondPatternsvdhE
Defines a condition under which rewriting will take place
RewriteEngine on|off off svdhE
Enables or disables runtime rewriting engine
RewriteLock file-pathsE
Sets the name of the lock file used for RewriteMap synchronization
RewriteLog file-pathsvE
Sets the name of the file used for logging rewrite engine processing
RewriteLogLevel Level 0 svE
Sets the verbosity of the log file used by the rewrite engine
RewriteMap MapName MapType:MapSource svE
Defines a mapping function for key-lookup
RewriteOptions Options MaxRedirects=10 svdhE
Sets some special options for the rewrite engine
RewriteRule Pattern SubstitutionsvdhE
Defines rules for the rewriting engine
RLimitCPU seconds|max [seconds|max]svdhC
Apache の子プロセスから起動されたプロセスの CPU 消費量を 制限する
RLimitMEM bytes|max [bytes|max]svdhC
Apache の子プロセスから起動されたプロセスのメモリ消費量を 制限する
RLimitNPROC number|max [number|max]svdhC
Apache の子プロセスから起動されたプロセスが起動するプロセスの 数を制限する
Satisfy Any|All All dhC
ホストレベルのアクセス制御とユーザ認証との相互作用を指定
ScoreBoardFile file-path logs/apache_status sM
子プロセスと連携するためのデータを保存する ファイルの位置
Script method cgi-scriptsvdB
特定のリクエストメソッドに対して CGI スクリプトを 実行するように設定
ScriptAlias URL-path file-path|directory-pathsvB
URL をファイルシステムの位置へマップし、マップ先を CGI スクリプトに指定
ScriptAliasMatch regex file-path|directory-pathsvB
URL を正規表現を使ってファイルシステムの位置へマップし、マップ先を CGI スクリプトに指定
ScriptInterpreterSource Registry|Registry-Strict|Script Script svdhC
CGI スクリプトのインタープリタの位置を調べるための手法
ScriptLog file-pathsvB
CGI スクリプトのエラーログファイルの場所
ScriptLogBuffer bytes 1024 svB
スクリプトログに記録される PUT や POST リクエストの内容の上限
ScriptLogLength bytes 10385760 svB
CGI スクリプトのログファイルの大きさの上限
ScriptSock file-path logs/cgisock svB
CGI デーモンとの通信に使われるソケットの名前
SecureListen [IP-address:]portnumber Certificate-Name [MUTUAL]sB
Enables SSL encryption for the specified port
SendBufferSize bytes 0 sM
TCP バッファサイズ
ServerAdmin email-addresssvC
サーバがクライアントに送るエラーメッセージに含める電子メールの アドレス
ServerAlias hostname [hostname] ...vC
リクエストを名前ベースのバーチャルホストにマッチさせているときに 使用されるホストの別名
ServerLimit numbersM
設定可能なサーバプロセス数の上限
ServerName fully-qualified-domain-name[:port]svC
サーバが自分自身を示すときに使うホスト名とポート
ServerPath URL-pathvC
非互換のブラウザが名前ベースのバーチャルホストにアクセスしたときの ための互換用 URL パス名
ServerRoot directory-path /usr/local/apache sC
インストールされたサーバのベースディレクトリ
ServerSignature On|Off|EMail Off svdhC
サーバが生成するドキュメントのフッタを設定
ServerTokens Major|Minor|Min[imal]|Prod[uctOnly]|OS|Full Full sC
Server HTTP 応答ヘッダを設定する
SetEnv env-variable valuesvdhB
環境変数を設定する
SetEnvIf attribute regex [!]env-variable[=value] [[!]env-variable[=value]] ...svdhB
リクエストの属性に基づいて環境変数を設定する
SetEnvIfNoCase attribute regex [!]env-variable[=value] [[!]env-variable[=value]] ...svdhB
リクエストの属性に基づいて大文字小文字を区別せずに環境変数を設定する
SetHandler handler-name|NonesvdhC
マッチするファイルがハンドラで処理されるようにする
SetInputFilter filter[;filter...]svdhC
クライアントのリクエストや POST の入力を処理するフィルタを設定する
SetOutputFilter filter[;filter...]svdhC
サーバの応答を処理するフィルタを設定する
SSIEndTag tag "-->" svB
include 要素を終了させる文字列
SSIErrorMsg message "[an error occurred +svdhB
SSI のエラーがあったときに表示されるエラーメッセージ
SSIStartTag tag "<!--#" svB
include 要素を開始する文字列
SSITimeFormat formatstring "%A, %d-%b-%Y %H:%M +svdhB
日付けを現す文字列の書式を設定する
SSIUndefinedEcho string "(none)" svB
未定義の変数が echo されたときに表示される文字列
SSLCACertificateFile file-pathsvE
File of concatenated PEM-encoded CA Certificates for Client Auth
SSLCACertificatePath directory-pathsvE
Directory of PEM-encoded CA Certificates for Client Auth
SSLCARevocationFile file-pathsvE
File of concatenated PEM-encoded CA CRLs for Client Auth
SSLCARevocationPath directory-pathsvE
Directory of PEM-encoded CA CRLs for Client Auth
SSLCertificateChainFile file-pathsvE
File of PEM-encoded Server CA Certificates
SSLCertificateFile file-pathsvE
Server PEM-encoded X.509 Certificate file
SSLCertificateKeyFile file-pathsvE
Server PEM-encoded Private Key file
SSLCipherSuite cipher-spec ALL:!ADH:RC4+RSA:+H +svdhE
Cipher Suite available for negotiation in SSL handshake
SSLEngine on|off off svE
SSL Engine Operation Switch
SSLHonorCipherOrder flagsvE
Option to prefer the server's cipher preference order
SSLInsecureRenegotiation flag off svE
Option to enable support for insecure renegotiation
SSLMutex type none sE
Semaphore for internal mutual exclusion of operations
SSLOptions [+|-]option ...svdhE
Configure various SSL engine run-time options
SSLPassPhraseDialog type builtin sE
Type of pass phrase dialog for encrypted private keys
SSLProtocol [+|-]protocol ... all svE
Configure usable SSL protocol flavors
SSLProxyCACertificateFile file-pathsvE
File of concatenated PEM-encoded CA Certificates for Remote Server Auth
SSLProxyCACertificatePath directory-pathsvE
Directory of PEM-encoded CA Certificates for Remote Server Auth
SSLProxyCARevocationFile file-pathsvE
File of concatenated PEM-encoded CA CRLs for Remote Server Auth
SSLProxyCARevocationPath directory-pathsvE
Directory of PEM-encoded CA CRLs for Remote Server Auth
SSLProxyCipherSuite cipher-spec ALL:!ADH:RC4+RSA:+H +svdhE
Cipher Suite available for negotiation in SSL proxy handshake
SSLProxyEngine on|off off svE
SSL Proxy Engine Operation Switch
SSLProxyMachineCertificateFile filenamesE
File of concatenated PEM-encoded client certificates and keys to be used by the proxy
SSLProxyMachineCertificatePath directorysE
Directory of PEM-encoded client certificates and keys to be used by the proxy
SSLProxyProtocol [+|-]protocol ... all svE
Configure usable SSL protocol flavors for proxy usage
SSLProxyVerify level none svdhE
Type of remote server Certificate verification
SSLProxyVerifyDepth number 1 svdhE
Maximum depth of CA Certificates in Remote Server Certificate verification
SSLRandomSeed context source [bytes]sE
Pseudo Random Number Generator (PRNG) seeding source
SSLRequire expressiondhE
Allow access only when an arbitrarily complex boolean expression is true
SSLRequireSSLdhE
Deny access when SSL is not used for the HTTP request
SSLSessionCache type none sE
Type of the global/inter-process SSL Session Cache
SSLSessionCacheTimeout seconds 300 svE
Number of seconds before an SSL session expires in the Session Cache
SSLUserName varnamesdhE
Variable name to determine user name
SSLVerifyClient level none svdhE
Type of Client Certificate verification
SSLVerifyDepth number 1 svdhE
Maximum depth of CA Certificates in Client Certificate verification
StartServers numbersM
起動時に生成される子サーバプロセスの数
StartThreads numbersM
起動時に生成されるスレッドの数
SuexecUserGroup User GroupsvE
CGI プログラムのユーザパーミッション、グループパーミッション
ThreadLimit numbersM
設定可能な子プロセス毎のスレッド数の上限を 設定します
ThreadsPerChild numbersM
子プロセスそれぞれに生成されるスレッド数
ThreadStackSize number 65536 sM
Determine the stack size for each thread
TimeOut seconds 300 sC
各イベントについて、リクエストを失敗させるまでにサーバが 待つ時間を設定
TraceEnable [on|off|extended] on sC
Determines the behaviour on TRACE requests
TransferLog file|pipesvB
ログファイルの位置を指定
TypesConfig file-path conf/mime.types sB
mime.types ファイルの位置
UnsetEnv env-variable [env-variable] ...svdhB
環境から変数を取り除く
UseCanonicalName On|Off|Dns On svdC
サーバが自分自身の名前とポートを決定する方法を設定する
User unix-userid #-1 sM
リクエストに応答する際に用いるユーザ ID
UserDir directory-filename public_html svB
ユーザ専用ディレクトリの位置
VirtualDocumentRoot interpolated-directory|none none svE
Dynamically configure the location of the document root for a given virtual host
VirtualDocumentRootIP interpolated-directory|none none svE
Dynamically configure the location of the document root for a given virtual host
<VirtualHost addr[:port] [addr[:port]] ...> ... </VirtualHost>sC
特定のホスト名や IP アドレスのみに適用されるディレクティブを 囲む
VirtualScriptAlias interpolated-directory|none none svE
Dynamically configure the location of the CGI directory for a given virtual host
VirtualScriptAliasIP interpolated-directory|none none svE
Dynamically configure the location of the cgi directory for a given virtual host
Win32DisableAcceptExsM
ネットワーク接続の受け付けに accept() をAcceptEx の代わりに使う
XBitHack on|off|full off svdhB
実行ビットが設定されたファイルの SSI ディレクティブを 解析する

Available Languages:  de  |  en  |  es  |  ja  |  ko  |  ru  |  tr