<-
Apache > HTTP サーバ > ドキュメンテーション > バージョン 2.0

Please note

This document refers to the 2.0 version of Apache httpd, which is no longer maintained. Upgrade, and refer to the current version of httpd instead, documented at:

You may follow this link to go to the current version of this document.

Apache バーチャルホスト説明書

Available Languages:  de  |  en  |  es  |  ja  |  ko  |  ru  |  tr 

This translation may be out of date. Check the English version for recent changes.

バーチャルホストという用語は、1 台のマシン上で (www.company1.com and www.company2.com のような) 二つ以上のウェブサイトを扱う運用方法のことを指します。 バーチャルホストには、各ウェブサイトに違う IP アドレスがある 「IP ベース」と、それぞれの IP アドレスに 複数の名前がある「名前ベース」とがあります。 複数のサイトが物理的に同じサーバで扱われている、ということはエンドユーザには 明らかではありません。

Apache は、特に手を入れない状態で IP ベースのバーチャルホスト をサポートした最初のサーバの一つです。バージョン 1.1 以降の Apache では、IP ベースとネームベースのバーチャルホストの両方をサポート しています。ネームベースのバーチャルホストは、ホストベースあるいは 非 IP ベースのバーチャルホストと呼ばれることもあります。

以下のページでは、Apache バージョン 1.3 以降でのバーチャルホストのサポートについての詳細を説明します。

参照

top

バーチャルホストのサポート

top

設定ディレクティブ

バーチャルホストの設定のデバッグをするには Apache のコマンドラインスイッチ -S が便利です。 つまり、以下のコマンドを入力します:

/usr/local/apache2/bin/httpd -S

このコマンドは Apache が設定ファイルをどう解析したかについて出力します。 IP アドレスとサーバ名を注意深く調べれば、 設定の間違いを見つける助けになるでしょう。 (他のコマンドラインのオプションは httpd プログラムの説明文書を見てください)

Available Languages:  de  |  en  |  es  |  ja  |  ko  |  ru  |  tr