<-
Apache > HTTP サーバ > ドキュメンテーション > バージョン 2.2 > モジュール

Please note

This document refers to the 2.2 version of Apache httpd, which is no longer maintained. The active release is documented here. If you have not already upgraded, please follow this link for more information.

You may follow this link to go to the current version of this document.

Apache モジュール mod_authz_user

翻訳済み言語:  en  |  ja  |  ko 

この日本語訳はすでに古くなっている 可能性があります。 最近更新された内容を見るには英語版をご覧下さい。
説明:ユーザ承認
ステータス:Base
モジュール識別子:authz_user_module
ソースファイル:mod_authz_user.c
互換性:Apache 2.1 以降で使用可能

概要

このモジュールは、認証されたユーザにウェブサイトの一部への アクセスを許可したり拒否したりするための承認機能を提供します。 mod_authz_user は認証されたユーザが Require user ディレクティブに書かれていれば アクセスを認めます。認証に成功したユーザすべてにアクセスを 許可するには、代わりに require valid-user を 使うことができます。

ディレクティブ

参照

top

AuthzUserAuthoritative ディレクティブ

説明:承認が下位のモジュールに渡されるかどうかを設定する
構文:AuthzUserAuthoritative On|Off
デフォルト:AuthzUserAuthoritative On
コンテキスト:ディレクトリ, .htaccess
上書き:AuthConfig
ステータス:Base
モジュール:mod_authz_user

AuthzUserAuthoritative ディレクティブを 明示的に Off に設定すると userID に対応する グループがない場合に、 (module.c で定義されている) 下位のモジュールにグループ承認を 渡すことを許可します。

デフォルトでは制御は渡されず、未知のグループの場合は Authentication Required 応答が返されます。ですから、これを設定しないと システムを安全に保つことができ、NCSA 互換の振る舞いをさせることになります。

翻訳済み言語:  en  |  ja  |  ko 

top

コメント

Notice:
This is not a Q&A section. Comments placed here should be pointed towards suggestions on improving the documentation or server, and may be removed again by our moderators if they are either implemented or considered invalid/off-topic. Questions on how to manage the Apache HTTP Server should be directed at either our IRC channel, #httpd, on Freenode, or sent to our mailing lists.