<-
Apache > HTTP サーバ > ドキュメンテーション > バージョン 2.2 > モジュール

Please note

This document refers to the 2.2 version of Apache httpd, which is no longer maintained. The active release is documented here. If you have not already upgraded, please follow this link for more information.

You may follow this link to go to the current version of this document.

Apache モジュール mod_dav_lock

翻訳済み言語:  en  |  ja 

この日本語訳はすでに古くなっている 可能性があります。 最近更新された内容を見るには英語版をご覧下さい。
説明:mod_dav 用の汎用ロックモジュール
ステータス:Extension
モジュール識別子:dav_lock_module
ソースファイル:mod_dav_lock.c
互換性:バージョン 2.1 以降

概要

このモジュールは mod_dav のどのバックエンド からでも使える汎用ロック API を提供します。 使用には最低限 mod_dav を必要としますが、これを利用するバックエンドが存在しないと役に立たないので、 そのような場合はサーバに読み込むべきではありません。 mod_dav_lock を実際に利用するバックエンドモジュールの例としては subversion プロバイダモジュールの mod_dav_svn があります。

mod_dav_fs は特化された専用のバージョンを 使うため、この汎用モジュールは必要ないことに注意して ください。

mod_dav_lock を機能させるには、 以下で説明されている DavGenericLockDB を使って ロックデータベースの場所を指定するだけです。

開発者向けのメモ

ロックを提供している関数へのポインタを取得するためには、 ap_lookup_provider API を、引数 dav-lock, generic, 0 を指定して使う必要が あります。

ディレクティブ

参照

top

DavGenericLockDB ディレクティブ

説明:DAV ロックデータベースの場所
構文:DavGenericLockDB file-path
コンテキスト:サーバ設定ファイル, バーチャルホスト, ディレクトリ
ステータス:Extension
モジュール:mod_dav_lock

DavGenericLockDB ディレクティブを 使って、拡張子を除いたロックデータベースへのフルパスを 指定します。絶対パスでないときは ServerRoot からの相対パスとして 扱われます。mod_dav_lock の実装ではユーザの ロックを追跡するのに SDBM データベースを使います。

DavGenericLockDB var/DavLock

ロックデータベースファイルのあるディレクトリは Apache が実行されている UserGroup によって 書き込み可能でなければなりません。セキュリティ上の理由から、 既存のディレクトリのパーミッションを変更するのではなく、 専用のディレクトリを作るのが良いでしょう。上の例では、 Apache は ServerRoot の下の var/ ディレクトリに、ファイル名の本体が DavLock で サーバが選択した拡張子を持つファイルを作成します。

翻訳済み言語:  en  |  ja 

top

コメント

Notice:
This is not a Q&A section. Comments placed here should be pointed towards suggestions on improving the documentation or server, and may be removed again by our moderators if they are either implemented or considered invalid/off-topic. Questions on how to manage the Apache HTTP Server should be directed at either our IRC channel, #httpd, on Freenode, or sent to our mailing lists.