<-
Apache > HTTP サーバ > ドキュメンテーション > バージョン 2.2 > モジュール

Please note

This document refers to the 2.2 version of Apache httpd, which is no longer maintained. The active release is documented here. If you have not already upgraded, please follow this link for more information.

You may follow this link to go to the current version of this document.

Apache モジュール mod_ident

翻訳済み言語:  en  |  ja  |  ko 

説明:RFC 1413 ident lookups
ステータス:Extension
モジュール識別子:ident_module
ソースファイル:mod_ident.c
互換性:Apache 2.1 で使用可能

概要

このモジュールはリモートホストの RFC 1413 互換デーモン にコネクションの所有者を訊きます。

ディレクティブ

参照

top

IdentityCheck ディレクティブ

説明:リモートユーザの RFC 1413 によるアイデンティティのロギングを 有効にする
構文:IdentityCheck On|Off
デフォルト:IdentityCheck Off
コンテキスト:サーバ設定ファイル, バーチャルホスト, ディレクトリ
ステータス:Extension
モジュール:mod_ident
互換性:Apache 2.1 で core から移動

このディレクティブは、クライアントマシン上で identd やそれに類似したデーモンが動作しているときに、 それぞれの接続に対して RFC 1413 に準処したリモートユーザの 名前のロギングを行なうようにします。 この情報は、%...l フォーマット文字列を使ってアクセスログに収集されます。

ここで得られた情報は簡単なユーザ追跡に使う以外は、 まったく信頼するべきではありません。

すべてのリクエストに対してルックアップが行なわれますので、 深刻な遅延の問題を起こすかもしれないことに注意してください。 (訳注: 例えばクライアント側に) ファイアウォールやプロキシサーバがあると、 ルックアップが失敗し、各リクエストに IdentityCheckTimeoutで定義されている遅延が加わることに なる可能性があります。 従って、一般的にはインターネットからアクセス可能なパブリックなサーバで 有益なものではありません。

top

IdentityCheckTimeout ディレクティブ

説明:Ident リクエストがタイムアウトするまでの期間を決める
構文:IdentityCheckTimeout seconds
デフォルト:IdentityCheckTimeout 30
コンテキスト:サーバ設定ファイル, バーチャルホスト, ディレクトリ
ステータス:Extension
モジュール:mod_ident

このディレクティブは ident リクエストのタイムアウト時間を決めます。 デフォルトの値である 30 秒は、主にネットワーク遅延の考慮のために RFC 1413 により 推奨されています。しかし、おそらくローカルネットワークの速度に 合わせてタイムアウト値を調節するのがよいでしょう。

翻訳済み言語:  en  |  ja  |  ko 

top

コメント

Notice:
This is not a Q&A section. Comments placed here should be pointed towards suggestions on improving the documentation or server, and may be removed again by our moderators if they are either implemented or considered invalid/off-topic. Questions on how to manage the Apache HTTP Server should be directed at either our IRC channel, #httpd, on Freenode, or sent to our mailing lists.