<-
Apache > HTTP サーバ > ドキュメンテーション > バージョン 2.5 > How-To / チュートリアル

ユーザ毎のウェブディレクトリ

翻訳済み言語:  en  |  fr  |  ja  |  ko  |  tr 

複数のユーザのいるシステムでは、UserDir ディレクティブを使って 各ユーザがホームディレクトリにウェブサイトを構築できるように設定することが 可能です。URL http://example.com/~username/ を訪れた人は "username" というユーザの UserDir ディレクティブで指定された サブディレクトリからコンテンツを得ることになります。

in the default config file, and adapting the httpd-userdir.conf file as necessary, or by including the appropriate directives in a Directory block within the main config file.

デフォルトではこれらのディレクトリへのアクセスは許可されていませんUserDir を使って有効にできます。 有効にするには、デフォルトの設定ファイルで付随する httpd-userdir.conf ファイルが必要で、 その中の次の行のコメントアウトを外して有効にするか、

#Include conf/extra/httpd-userdir.conf

あるいは、メインの設定ファイル中の Directory ブロックの中に適切にディレクティブを記述しておきます。

参照

top

ユーザ毎のウェブディレクトリ

top

UserDir を使ってファイルのパスを設定する

UserDir ディレクティブは ユーザ毎のコンテンツが読み込まれるディレクトリを指定します。 このディレクティブはいろいろ違った形式を取ることができます。

スラッシュで始まらないパスが与えられたときは、ユーザのホームディレクトリ からの相対パスとみなされます。次の設定があったときに:

UserDir public_html

URL http://example.com/~rbowen/file.html は パス /home/rbowen/public_html/file.html へ 変換されます。

パスがスラッシュで始まるときは、ディレクトリパスはそのパスに ユーザ名を加えたものからなります。次の設定のとき:

UserDir /var/html

URL http://example.com/~rbowen/file.html は パス /var/html/rbowen/file.html へ変換されます。

アスタリスク (*) を含むパスが指定されたときは、アスタリスクを ユーザ名で置換したものが使用されます。このような設定だと:

UserDir /var/www/*/docs

URL http://example.com/~rbowen/file.html は パス /var/www/rbowen/docs/file.html へ変換されます。

ディレクトリやディレクトリパスを複数設定することもできます。

UserDir public_html /var/html

http://example.com/~rbowen/file.html という URL に対しては ~rbowen を探します。見つからなければ、 /var/html の下にある rbowen を探します。 もし見つかれば上記の URL は /var/html/rbowen/file.html というファイルパスに変換されます。

top

外部 URL にリダイレクトする

UserDir ディレクティブを使って外部 URL にリダイレクトすることもできます。

UserDir http://example.org/users/*/

上記例では http://example.com/~bob/abc.html へのリクエストは http://example.org/users/bob/abc.html にリダイレクトされます。

top

この機能を使用できるユーザを制限する

UserDir のドキュメントに示されている構文を使うことで、 どのユーザがこの機能を使うことができるかを制限することができます:

UserDir enabled
UserDir disabled root jro fish

上の設定は dissabled 文のユーザ以外のすべてのユーザに 対して UserDir の機能を有効にします。同様にして、以下のように 数名のユーザ以外に対してこの機能を無効にすることもできます:

      UserDir disabled
UserDir enabled rbowen krietz

他の例は UserDir の説明を参照してください。

top

ユーザ毎の CGI ディレクトリ

それぞれのユーザに専用の cgi-bin ディレクトリを与えるために、 <Directory> を使ってユーザのホームディレクトリの指定された領域に対して CGI を有効に することができます。

<Directory /home/*/public_html/cgi-bin/>
    Options ExecCGI
    SetHandler cgi-script
</Directory>

そして、UserDirpublic_html に設定されていると仮定すると、 そのディレクトリの CGI プログラム example.cgi は以下の様に呼び出されることができます:

http://example.com/~rbowen/cgi-bin/example.cgi

top

ユーザによる設定変更を許可

ユーザに彼らのウェブ空間でのサーバの設定の変更を許可する場合、 ユーザは .htaccess ファイルを使って設定を変更する必要があります。 AllowOverride の値を ユーザが変更することを許可したいディレクティブに対して十分なものに 設定していることを確認してください。この機能がどのようにして動作しているか の詳細は .htaccess チュートリアル を読んで ください。

翻訳済み言語:  en  |  fr  |  ja  |  ko  |  tr 

top

コメント

Notice:
This is not a Q&A section. Comments placed here should be pointed towards suggestions on improving the documentation or server, and may be removed again by our moderators if they are either implemented or considered invalid/off-topic. Questions on how to manage the Apache HTTP Server should be directed at either our IRC channel, #httpd, on Freenode, or sent to our mailing lists.