<-
Apache > HTTP サーバ > ドキュメンテーション > バージョン 2.5 > モジュール

Apache モジュール mod_authn_anon

翻訳済み言語:  en  |  fr  |  ja  |  ko 

説明:認証が必要な領域への "anonymous" ユーザのアクセスを許可する
ステータス:Extension
モジュール識別子:authn_anon_module
ソースファイル:mod_authn_anon.c

概要

このモジュールは mod_auth_basic のような 認証フロントエンドとして、anonymous-ftp サイトのような、「魔法の」ユーザ ID 'anonymous' と電子メールアドレスをパスワードにしたユーザ認証を 行なう機能を提供します。この電子メールアドレスはログ収集することが できます。

他の (データベースによる) アクセス制御方法と組み合わせることで、 「未登録」ユーザに対してサイトを公開しつつ、効率よくユーザ追跡したり、 ユーザのプロファイルに応じたカスタマイズをしたりできます。 このような認証に基づいたユーザ追跡の利点の一つは、 マジッククッキーに基づくユーザ追跡方法や、 珍妙な URL の接頭辞や接尾辞を利用したユーザ追跡方法とは異なり、 完全にブラウザ非依存であり、ユーザ間で URL を共有することができるという 点です。

mod_auth_basic を使用している場合は、このモジュールは AuthBasicProvideranon という値を設定することで起動されます。

ディレクティブ

トピック

top

以下の例は「普通」の htpasswd ファイルに基づいた認証と組み合わされて おり、以下の要件を見たすユーザを「ゲスト」として許可します:

<Directory /var/www/html/private>
    AuthName "Use 'anonymous' & Email address for guest entry"
    AuthType Basic
    AuthBasicProvider file anon
    AuthUserFile /path/to/your/.htpasswd
    
    Anonymous_NoUserID off
    Anonymous_MustGiveEmail on
    Anonymous_VerifyEmail on
    Anonymous_LogEmail on
    Anonymous anonymous guest www test welcome
    
    Require valid-user
</Directory>
top

Anonymous ディレクティブ

説明:パスワードの検査無しでアクセスを許可する userID を指定する
構文:Anonymous user [user] ...
コンテキスト:ディレクトリ, .htaccess
上書き:AuthConfig
ステータス:Extension
モジュール:mod_authn_anon

パスワードの検査をしないでアクセスを許可する「魔法の」 userID を 設定します。userID 中に空白を使えるようにするため、 エスケープ文字 \ による方法と、引用符 ' と " によるクオーティング を使うことができます。

ユーザ名の比較は大文字小文字を区別しないことに 注意してください。
魔法のユーザ名 'anonymous' が許可されている userID に 含むようにすることは強く推奨されています。

例:

Anonymous anonymous "Not Registered" "I don't know"

これは、userID "anonymous", "AnonyMous", "Not Registered", "I Don't Know" のどれかを使っても パスワード無しでユーザがサイトに入れるようにします。

Apache 2.1 では userID に "*" を指定することができます。 この場合、すべてのuserID を許可します。

top

Anonymous_LogEmail ディレクティブ

説明:入力されたパスワードがエラーログにロギングされるかどうかを 設定する
構文:Anonymous_LogEmail On|Off
デフォルト:Anonymous_LogEmail On
コンテキスト:ディレクトリ, .htaccess
上書き:AuthConfig
ステータス:Extension
モジュール:mod_authn_anon

デフォルトの On に設定された場合は、 入力された (まっとうな電子メールアドレスであることが 期待される) 「パスワード」がエラーログにロギングされます。

top

Anonymous_MustGiveEmail ディレクティブ

説明:空パスワードを許可するかどうかを指定する
構文:Anonymous_MustGiveEmail On|Off
デフォルト:Anonymous_MustGiveEmail On
コンテキスト:ディレクトリ, .htaccess
上書き:AuthConfig
ステータス:Extension
モジュール:mod_authn_anon

ユーザがパスワードとして電子メールアドレスを指定する必要があるかどうかを 設定します。これは空パスワードを禁止します。

top

Anonymous_NoUserID ディレクティブ

説明:空 userID を許可するかを指定する
構文:Anonymous_NoUserID On|Off
デフォルト:Anonymous_NoUserID Off
コンテキスト:ディレクトリ, .htaccess
上書き:AuthConfig
ステータス:Extension
モジュール:mod_authn_anon

On に設定すると、ユーザは userID (とおそらくは パスワード欄も) 空にすることができます。これは単にリターンキーを 叩いたり OK ボタンを直接クリックしたりする MS-Explorer ユーザには 非常に便利です。そのような操作はごくごく自然なものでしょう。

top

Anonymous_VerifyEmail ディレクティブ

説明:パスワード欄が正しい形式の電子メールアドレスであることを 調べるかどうかを設定する
構文:Anonymous_VerifyEmail On|Off
デフォルト:Anonymous_VerifyEmail Off
コンテキスト:ディレクトリ, .htaccess
上書き:AuthConfig
ステータス:Extension
モジュール:mod_authn_anon

On に設定されている場合、ユーザが有効な電子メール アドレスを入力することを推奨するため、入力された「パスワード」は 少なくとも一つの '@' と '.' を含んでいるかどうかを調べます (上の Anonymous_LogEmail 参照)。

翻訳済み言語:  en  |  fr  |  ja  |  ko 

top

コメント

Notice:
This is not a Q&A section. Comments placed here should be pointed towards suggestions on improving the documentation or server, and may be removed again by our moderators if they are either implemented or considered invalid/off-topic. Questions on how to manage the Apache HTTP Server should be directed at either our IRC channel, #httpd, on Freenode, or sent to our mailing lists.