<-
Apache > HTTP サーバ > ドキュメンテーション > バージョン 2.2

Please note

This document refers to the 2.2 version of Apache httpd, which is no longer maintained. The active release is documented here. If you have not already upgraded, please follow this link for more information.

You may follow this link to go to the current version of this document.

2.0 から 2.2 へのアップグレード

翻訳済み言語:  de  |  en  |  fr  |  ja 

この日本語訳はすでに古くなっている 可能性があります。 最近更新された内容を見るには英語版をご覧下さい。

アップグレードを簡単にするために、既存の Apache ユーザに 非常に重要な情報をこの文書にまとめています。これは短い 注意書きとして書かれています。より詳しい情報は 新機能の文書や src/CHANGES ファイルで見つけられると思います。

この文書は 2.0 から 2.2 への変更点だけを説明します。 もし 1.3 からのアップグレードをするのであれば、1.3 から 2.0 へのアップグレードの文書 も参考にしてください。

参照

top

コンパイル時の設定の変更

コンパイルの過程はバージョン 2.0 で使われているものと非常に よく似ています。古い configure コマンドライン (インストールしたサーバのディレクトリにある build/config.nice) が、ときには使えるでしょう。最も大きな変更点はモジュールの名前の 変更を入れるために必要とされるもので、特に認証と認可のモジュール の変更点です。 変更の詳細の一部は:

top

実行時の設定の変更

あなたが使っているバージョン 2.0 用の設定ファイルとスタート アップスクリプトは通常バージョン 2.2 でも変更せずに使えます。 特定の設定については 以下に議論するようにいくらか小さな 調整が必要となるかもしれません。 さらに、 LoadModule ディレクティブを使って動的にモジュールを読み込んで使って いる場合には、上に挙げたモジュール名の変更を考慮する必要が あるでしょう。

もし、あなたがバージョン 2.2 のデフォルトの実行時設定を使う ことを選ぶなら 最も基本的な設定以外は除外されていて 非常に 簡単化されていることに気付くでしょう。 より高度な機能に関する実行時の設定の例が、インストールした サーバの conf/extra/ のディレクトリに入ります。 デフォルトの設定ファイルは conf/original にインストールされます。

実行時の設定の主な変更点を挙げると:

top

その他の変更

top

サードパーティモジュール

バージョン 2.0 のために設計された多くのサードパーティ モジュールは Apache HTTP サーバ・バージョン 2.2 で、変更無しで 動作するでしょう。しかし、全てのモジュールはロードの前に再コンパイル する必要があります。

翻訳済み言語:  de  |  en  |  fr  |  ja 

top

コメント

Notice:
This is not a Q&A section. Comments placed here should be pointed towards suggestions on improving the documentation or server, and may be removed again by our moderators if they are either implemented or considered invalid/off-topic. Questions on how to manage the Apache HTTP Server should be directed at either our IRC channel, #httpd, on Freenode, or sent to our mailing lists.