<-
Apache > HTTP サーバ > ドキュメンテーション > バージョン 2.0 > モジュール

Please note

This document refers to the 2.0 version of Apache httpd, which is no longer maintained. Upgrade, and refer to the current version of httpd instead, documented at:

You may follow this link to go to the current version of this document.

Apache モジュール mod_speling

Available Languages:  en  |  ja  |  ko 

説明:ユーザが入力したであろう間違った URL を、 大文字小文字の区別を無視することと一つ以下の綴り間違いを許容することで 修正を試みる
ステータス:Extension
モジュール識別子:speling_module
ソースファイル:mod_speling.c

概要

リクエストの綴りが間違っていたり、 大文字小文字が違っていたりするために、Apache のコアサーバが ドキュメントへのリクエストへの応答を正しく提供できないことがあります。 このモジュールは、他のすべてのモジュールがあきらめた後であったとしても、 リクエストに合うドキュメントを見つけようとすることによりこの問題の 解決を試みます。このモジュールはリクエストされたディレクトリにある それぞれのドキュメントの名前と、リクエストされたドキュメントの名前とを 大文字小文字の区別を無視し一文字までの 綴りの間違い (文字の挿入/省略/隣合う文字の置換、間違った文字) を許可して比較することにより、目的を達成しようとします。 この方法でリクエストに合うドキュメントの一覧が作成されます。

ディレクトリをスキャンした後に、

ディレクティブ

top

CheckSpelling ディレクティブ

説明:spelling モジュールを使用するようにする
構文:CheckSpelling on|off
デフォルト:CheckSpelling Off
コンテキスト:サーバ設定ファイル, バーチャルホスト, ディレクトリ, .htaccess
上書き:Options
ステータス:Extension
モジュール:mod_speling
互換性:CheckSpelling は Apache 1.1 では別配布のモジュールで、 大文字小文字の間違いのみの機能でした。Apache 1.3 で Apache の配布に 含まれるようになりました。Apache 1.3.2 より前では CheckSpelling ディレクティブは「サーバ」と「バーチャルホスト」コンテキストでのみ 使用可能でした

このディレクティブは綴り用のモジュールを使用するかどうかを 決めます。使用時には、以下のことを覚えておいてください

Available Languages:  en  |  ja  |  ko