<-
Apache > HTTP サーバ > ドキュメンテーション > バージョン 2.0 > モジュール

Please note

This document refers to the 2.0 version of Apache httpd, which is no longer maintained. Upgrade, and refer to the current version of httpd instead, documented at:

You may follow this link to go to the current version of this document.

Apache MPM winnt

Available Languages:  de  |  en  |  es  |  ja 

This translation may be out of date. Check the English version for recent changes.
説明:Windows NT 向けに最適化されたマルチプロセッシングモジュール
ステータス:MPM
モジュール識別子:mpm_winnt_module
ソースファイル:mpm_winnt.c

概要

このマルチプロセッシングモジュール (MPM) は Windows NT でのデフォルトになります。 一つの制御用プロセスを用い、これが一つの子プロセスを起動し、 そして子プロセスがリクエストを取り扱うためにスレッドを 起動します。

ディレクティブ

top

Win32DisableAcceptEx ディレクティブ

説明:ネットワーク接続の受け付けに accept() をAcceptEx の代わりに使う
構文:Win32DisableAcceptEx
デフォルト:AcceptEx() はデフォルトで有効になっています。AcceptEx() を無効にする ためにこのディレクティブを使います。
コンテキスト:サーバ設定ファイル
ステータス:MPM
モジュール:mpm_winnt
互換性:2.0.49 バージョン以降で使用可能

AcceptEx() は Microsoft WinSock v2 API で、場合によっては BSD 形式の accept() API よりもよい性能を発揮します。 よく使われている Windows 製品の中で、特にウィルススキャナや VPN パッケージ の中には、バグが原因で AcceptEx() の適切な動作を妨げるものがあります。 以下のようなエラーに遭遇した場合は、このディレクティブを使用して AcceptEx() を使用しないようにしてください。

[error] (730038)An operation was attempted on something that is not a socket.: winnt_accept: AcceptEx failed. Attempting to recover.

Available Languages:  de  |  en  |  es  |  ja