<-
Apache > HTTP サーバ > ドキュメンテーション > バージョン 2.0 > モジュール

Please note

This document refers to the 2.0 version of Apache httpd, which is no longer maintained. Upgrade, and refer to the current version of httpd instead, documented at:

You may follow this link to go to the current version of this document.

Apache モジュール mod_cgid

Available Languages:  en  |  ja  |  ko 

説明:外部 CGI デーモンを使った CGI スクリプトの実行
ステータス:Base
モジュール識別子:cgid_module
ソースファイル:mod_cgid.c
互換性:Unix のスレッド MPM のみ

概要

最適化が施されていることと、以下で説明されている追加の ScriptSock ディレクティブを除いては、 mod_cgidmod_cgi と同様の 動作をします。Apache と CGI に関する詳細は mod_cgi の概要を読んでください。

Unix オペレーティングシステムの中には、マルチスレッドのサーバから プロセスを fork するのが非常にコストの高い動作になっているものがあります。 理由は、新しいプロセスが親プロセスのスレッドすべてを複製するからです。 各 CGI 起動時にこのコストがかかるのを防ぐために、mod_cgid は子プロセスを fork して CGI スクリプトを実行するための 外部デーモンを実行します。 主サーバは unix ドメインソケットを使ってこのデーモンと通信します。

コンパイル時にマルチスレッド MPM が選ばれたときは mod_cgi の代わりに必ずこのモジュールが使用されます。 ユーザのレベルではこのモジュールの設定と動作は mod_cgi とまったく同じです。唯一の例外は ScriptSock ディレクティブの 追加で、このディレクティブは CGI デーモンとの通信用のソケットの名前を 指定します。

ディレクティブ

参照

top

ScriptSock ディレクティブ

説明:CGI デーモンとの通信に使われるソケットの名前
構文:ScriptSock file-path
デフォルト:ScriptSock logs/cgisock
コンテキスト:サーバ設定ファイル, バーチャルホスト
ステータス:Base
モジュール:mod_cgid

このディレクティブは CGI デーモンとの通信に使われるソケットの 名前を設定します。ソケットは Apache が起動されたユーザ (通常 root) の パーミッションを用いてオープンされます。CGI スクリプトとの通信の セキュリティを保つために、ソケットの存在するディレクトリに 他のユーザが書き込み権限を持っていないようにすることが重要です。

ScriptSock /var/run/cgid.sock

Available Languages:  en  |  ja  |  ko