<-
Apache > HTTP サーバ > ドキュメンテーション > バージョン 2.0 > モジュール

Please note

This document refers to the 2.0 version of Apache httpd, which is no longer maintained. Upgrade, and refer to the current version of httpd instead, documented at:

You may follow this link to go to the current version of this document.

Apache モジュール mod_setenvif

Available Languages:  en  |  ja  |  ko  |  tr 

This translation may be out of date. Check the English version for recent changes.
説明:リクエストの特徴に基づいた環境変数の設定を可能にする
ステータス:Base
モジュール識別子:setenvif_module
ソースファイル:mod_setenvif.c

概要

mod_setenvif モジュールは、リクエストのある側面が指定された正規表現 に合うかどうかによって環境変数を設定する機能を提供します。 これらの環境変数を使用して、サーバの他の部分がどのような動作をするかを 決定することができます。

このモジュールが提供するディレクティブは、 設定ファイルに現れる順番に適用されます。 それを使って、次の例のようにより複雑な設定をすることができます。 これは、ブラウザが mozilla ではあるけれど、MSIE ではないときに netscape を設定します。

BrowserMatch ^Mozilla netscape
BrowserMatch MSIE !netscape

ディレクティブ

参照

top

BrowserMatch ディレクティブ

説明:HTTP User-Agent に基づいて環境変数を設定する
構文:BrowserMatch regex [!]env-variable[=value] [[!]env-variable[=value]] ...
コンテキスト:サーバ設定ファイル, バーチャルホスト, ディレクトリ, .htaccess
上書き:FileInfo
ステータス:Base
モジュール:mod_setenvif

BrowserMatchSetEnvIf ディレクティブの 特例で、User-Agent HTTP リクエストヘッダに基づいて 環境変数を設定します。以下の 2 行の効果は同じになります:

BrowserMatchNoCase Robot is_a_robot
SetEnvIfNoCase User-Agent Robot is_a_robot

その他の例:

BrowserMatch ^Mozilla forms jpeg=yes browser=netscape
BrowserMatch "^Mozilla/[2-3]" tables agif frames javascript
BrowserMatch MSIE !javascript

top

BrowserMatchNoCase ディレクティブ

説明:HTTP User-Agent に基づいて大文字小文字を区別せずに 環境変数を設定する
構文:BrowserMatchNoCase regex [!]env-variable[=value] [[!]env-variable[=value]] ...
コンテキスト:サーバ設定ファイル, バーチャルホスト, ディレクトリ, .htaccess
上書き:FileInfo
ステータス:Base
モジュール:mod_setenvif
互換性:Apache 1.2 以降 (Apache 1.2 ではこのディレクティブはもう用いられていない mod_browser モジュールにありました)

BrowserMatchNoCase ディレクティブは 意味的には BrowserMatch ディレクティブと 同じです。ただし、このディレクティブは大文字小文字を区別しない マッチングを行ないます。例えば:

BrowserMatchNoCase mac platform=macintosh
BrowserMatchNoCase win platform=windows

BrowserMatch ディレクティブと BrowserMatchNoCase ディレクティブは SetEnvIf ディレクティブと SetEnvIfNoCase ディレクティブの 特例です。以下の 2 行の効果は同じです:

BrowserMatchNoCase Robot is_a_robot
SetEnvIfNoCase User-Agent Robot is_a_robot

top

SetEnvIf ディレクティブ

説明:リクエストの属性に基づいて環境変数を設定する
構文:SetEnvIf attribute regex [!]env-variable[=value] [[!]env-variable[=value]] ...
コンテキスト:サーバ設定ファイル, バーチャルホスト, ディレクトリ, .htaccess
上書き:FileInfo
ステータス:Base
モジュール:mod_setenvif

SetEnvIf ディレクティブは、リクエストの属性に基づいて環境変数を定義します。 最初の引数で指定できる attribute は以下の三つのどれかです:

  1. HTTP リクエストヘッダフィールド (詳しい情報は RFC 2616 を 参照してください)。例えば、Host, User-Agent, Referer, Accept-Language です。リクエストヘッダの集合を現すために 正規表現を使うこともできます。
  2. 以下のリクエストの一部分のどれか:
    • Remote_Host - リクエストを行なっているクライアントのホスト名 (もしあれば)
    • Remote_Addr - リクエストを行なっているクライアントの IP アドレス
    • Server_Addr - リクエストを受け取ったサーバの IP アドレス (2.0.43 以降のみ)
    • Request_Method - 使用されているメソッド名 (GET, POST など)
    • Request_Protocol - リクエストが行なわれたプロトコルの名前とバージョン (例えば、"HTTP/0.9", "HTTP/1.1" など。)
    • Request_URI - URL のスキームとホストの後の部分
  3. リクエストと関連付けられる環境変数のリスト。これにより SetEnvIf ディレクティブが以前のマッチの結果を 使うことができるようになります。この方法のテストでは前の部分にある SetEnvIf[NoCase] の結果のみを使用可能です。「前」とは、 より広い範囲に対して定義されている (サーバ全体のように) か、現在のディレクティブの 範囲でより前の部分で定義されているか、ということです。 環境変数である可能性は、リクエストの特性に対するマッチが存在せず、 attribute に正規表現が使われなかったときにのみ考慮されます。

二つ目の引数 (regex) は Perl 互換の正規表現です。 これは POSIX.2 の egrep 形式の正規表現と似ています。regexattribute にマッチする場合は、残りの引数が評価されます。

残りの引数は設定する変数の名前で、設定される値を指定することもできます。 これは、

  1. varname
  2. !varname
  3. varname=value

のどれかの形式になります。

最初の形式では、値は "1" に設定されます。 二つ目はもし値が定義されていればそれを取り除きます。 三つ目は変数を value の与えられた値に設定します。 2.0.51 以降では、value 内に $1..$9 が存在すればそれを認識し、regex の対応する丸括弧で囲まれた部分で 置換します。

例:

SetEnvIf Request_URI "\.gif$" object_is_image=gif
SetEnvIf Request_URI "\.jpg$" object_is_image=jpg
SetEnvIf Request_URI "\.xbm$" object_is_image=xbm
:
SetEnvIf Referer www\.mydomain\.com intra_site_referral
:
SetEnvIf object_is_image xbm XBIT_PROCESSING=1
:
SetEnvIf ^TS* ^[a-z].* HAVE_TS

初めの三つはリクエストが画像であるときに環境変数 object_is_image を設定します。四つ目は 参照元のページがウェブサイト www.mydomain.com にあるときに intra_site_referral を設定します。

最後の例は、リクエストに "TS" で始まり、値が集合 [a-z] のどれかで 始まるヘッダがあるときに HAVE_TS を設定します。

参照

top

SetEnvIfNoCase ディレクティブ

説明:リクエストの属性に基づいて大文字小文字を区別せずに環境変数を設定する
構文:SetEnvIfNoCase attribute regex [!]env-variable[=value] [[!]env-variable[=value]] ...
コンテキスト:サーバ設定ファイル, バーチャルホスト, ディレクトリ, .htaccess
上書き:FileInfo
ステータス:Base
モジュール:mod_setenvif
互換性:Apache 1.3 以降

SetEnvIfNoCase は意味的には SetEnvIf ディレクティブと 同じです。違いは、正規表現のマッチングが大文字小文字を区別しないで 行なわれることです。例えば:

SetEnvIfNoCase Host Apache\.Org site=apache

これは HTTP リクエストヘッダにフィールド Host: が あり、その値が Apache.Orgapache.org、 その他の大文字小文字の組み合わせであったときに site 環境変数を "apache" に設定します。

Available Languages:  en  |  ja  |  ko  |  tr