<-
Apache > HTTP サーバ > ドキュメンテーション > バージョン 2.0 > モジュール

Please note

This document refers to the 2.0 version of Apache httpd, which is no longer maintained. Upgrade, and refer to the current version of httpd instead, documented at:

You may follow this link to go to the current version of this document.

Apache モジュール mod_status

Available Languages:  en  |  ja  |  ko  |  tr 

This translation may be out of date. Check the English version for recent changes.
説明:サーバの活動状況と性能に関する情報を提供する
ステータス:Base
モジュール識別子:status_module
ソースファイル:mod_status.c

概要

この Status モジュールによりサーバ管理者はサーバがどのくらい の性能で動作しているかを知ることができるようになります。 現時点でのサーバの統計情報を読みやすい形式で現した HTML ページが 表示されます。必要であれば、このページは自動的にリフレッシュさせる こともできます (互換性のあるブラウザを使用している場合)。 別に、現時点でのサーバの状態を単純な機械読み取り可能なリストで 現すページもあります。

表示される情報は:

"(*)" の付いている情報を表示するためにはコンパイル時のオプション を使用する必要があります。これらの統計情報を得るために必要な コードは標準の Apache には含まれていません。

ディレクティブ

トピック

top

Status を使用可能にする

foo.com ドメインからのブラウザのみに対して ステータスの報告を使用可能にするには 以下のコードを httpd.conf 設定ファイルに追加します

<Location /server-status>
SetHandler server-status

Order Deny,Allow
Deny from all
Allow from .foo.com
</Location>

これで、サーバの統計情報をウェブブラウザを使って http://your.server.name/server-status をアクセスすることにより 知ることができるようになります。

top

自動更新

ブラウザが「リフレシュ」機能をサポートしていれば、ステータスページを 自動的に更新するようにできます。N 秒毎に更新させるためには http://your.server.name/server-status?refresh=N というページをアクセスしてください。

top

機械読み取り可能なステータスファイル

http://your.server.name/server-status?auto を アクセスすることにより、ステータスファイルの機械読み取り可能なバージョンを 得ることができます。これは自動的に実行されるときに便利です。 Apache の /support ディレクトリにある Perl プログラム log_server_status を見てください。

mod_status がサーバに組み込まれている 場合、ハンドラの機能はディレクトリのファイル (すなわち.htaccess) も含むすべての 設定ファイルで使用可能になることには注意をしておく必要があります。 これは、サイトによってはセキュリティに関する望ましくない結果を もたらすことがあるかもしれません。
top

ExtendedStatus ディレクティブ

説明:各リクエストに対して拡張ステータス情報を保存する
構文:ExtendedStatus On|Off
デフォルト:ExtendedStatus Off
コンテキスト:サーバ設定ファイル
ステータス:Base
モジュール:mod_status
互換性:ExtendedStatus は Apache 1.3.2 以降でのみ使用可能

この設定はサーバ全体に対して適用され、バーチャルホスト毎に 変更することはできません。拡張ステータス情報の収集はサーバの 動作を遅くすることがあります。

Available Languages:  en  |  ja  |  ko  |  tr