<-
Apache > HTTP サーバ > ドキュメンテーション > バージョン 2.2 > モジュール

Please note

This document refers to the 2.2 version of Apache httpd, which is no longer maintained. The active release is documented here. If you have not already upgraded, please follow this link for more information.

You may follow this link to go to the current version of this document.

Apache モジュール mod_authz_owner

翻訳済み言語:  en  |  ja  |  ko 

説明:ファイルの所有者に基づいた承認
ステータス:Extension
モジュール識別子:authz_owner_module
ソースファイル:mod_authz_owner.c
互換性:Apache 2.1 以降で使用可能

概要

このモジュールはリクエストされたファイルのファイルシステムの 所有者やグループを HTTP 認証に使われたユーザ ID (ウェブユーザ ID) と 比較することでアクセスを承認します。提供されたユーザ名とパスワードは mod_auth_basicmod_auth_digest のような認証モジュールで既に 適切に検証されている必要があります。mod_authz_owner は以下のように、Require ディレクティブの file-ownerfile-group という二つの引数を認識します:

file-owner
提供されたウェブユーザ名はリクエストされたファイルの所有者の システムにおける名前と一致する必要があります。つまり、オペレーティング システムがファイルは jones により所有されている と言ったときは、ウェブからのアクセスに使われるユーザ名も jones でなければなりません。
file-group
ファイルを所有するシステムのグループの名前が、例えば mod_authz_groupfilemod_authz_dbm により提供されるグループデータベースに存在していて、 ウェブユーザ名がそのグループに属していなければなりません。 例えば、オペレーティングシステムがファイルは (システムの) グループ accounts により所有されていると言ったときは、 accounts がグループデータベースに存在して、 リクエストに使用されたウェブユーザ名がそのグループに属している 必要があります。

ファイルシステムに実際には存在しないリソース (つまり バーチャルなリソース) の承認に mod_authz_owner が使用されたときは、 アクセスは拒否されます。

特に、コンテント ネゴシエーションされた"MultiViews" のリソースは 決して承認しません。

トピック

ディレクティブ

参照

top

設定例

Require file-owner

複数ユーザのシステムで Apache ウェブサーバが実行されていて、 ~/public_html/private に各ユーザがファイルを置いているとします。 AuthDBMUserFile データベースが一つだけあり、すべてのウェブユーザ名が列挙されており、 このユーザ名がサーバで実際にファイルを所有しているユーザ名と一致している場合、 次の節のような設定で、ユーザが自分自身のファイルにアクセスできるようになります。 /home/smith/public_html/private の中のファイルは、所有者が smith の代わりに jones になっていない限り、 jones にはアクセスは許可されません。

<Directory /home/*/public_html/private>
AuthType Basic
AuthName MyPrivateFiles
AuthBasicProvider dbm
AuthDBMUserFile /usr/local/apache2/etc/.htdbm-all
Satisfy All
Require file-owner
</Directory>

Require file-group

上記のようなシステムで、数人のユーザがプロジェクトのファイルを ~/public_html/project-foo で共有しているとします。 ファイルはシステムのグループ foo に所有されていて、 AuthDBMGroupFile データベースが一つだけあり、そこにすべてのウェブユーザ名と グループのメンバが列挙されている、つまり、それらの ユーザは少なくとも foo というグループに属している、とします。 jonessmith の二人共がグループ foo のメンバである場合、どちらの人も両方の project-foo にアクセスが許可されます。

<Directory /home/*/public_html/project-foo>
AuthType Basic
AuthName "Project Foo Files"
AuthBasicProvider dbm

# combined user/group database
AuthDBMUserFile /usr/local/apache2/etc/.htdbm-all
AuthDBMGroupFile /usr/local/apache2/etc/.htdbm-all

Satisfy All
Require file-group
</Directory>

top

AuthzOwnerAuthoritative ディレクティブ

説明:承認が下位承認モジュールに渡されるかどうかを設定する
構文:AuthzOwnerAuthoritative On|Off
デフォルト:AuthzOwnerAuthoritative On
コンテキスト:ディレクトリ, .htaccess
上書き:AuthConfig
ステータス:Extension
モジュール:mod_authz_owner

AuthzOwnerAuthoritative ディレクティブを 明示的に Off に設定すると、以下の場合に認証が (modules.c で定義されている) 下位のモジュールに 渡されるようにします:

値を Off に設定すると、file-ownerfile-group を組み合わせることもできるようになり、 その場合はどちらか (両方でも) にマッチした場合にアクセスを許可されます。

デフォルトでは制御は渡されず、未知のグループの場合は Authentication Required 応答が返されます。ですから、Off に設定しないことで システムを安全に保つことができ、NCSA 互換の振る舞いをさせることになります。

翻訳済み言語:  en  |  ja  |  ko 

top

コメント

Notice:
This is not a Q&A section. Comments placed here should be pointed towards suggestions on improving the documentation or server, and may be removed again by our moderators if they are either implemented or considered invalid/off-topic. Questions on how to manage the Apache HTTP Server should be directed at either our IRC channel, #httpd, on Freenode, or sent to our mailing lists.