<-
Apache > HTTP サーバ > ドキュメンテーション > バージョン 2.0

Please note

This document refers to the 2.0 version of Apache httpd, which is no longer maintained. Upgrade, and refer to the current version of httpd instead, documented at:

You may follow this link to go to the current version of this document.

Apache のハンドラの使用

Available Languages:  en  |  es  |  fr  |  ja  |  ko  |  ru  |  tr 

Apache のハンドラの使用に関して記述しています。

top

ハンドラとは

「ハンドラ」とは、ファイルが呼ばれたときに実行される動作の Apache における内部表現です。 通常、ファイルはファイル型に基づいた暗黙のハンドラがあります。 普通はすべてのファイルは単にサーバに扱われますが、 ファイルタイプの中には別に「ハンドル」(訳注: 扱う) されるものもあります。

Apache 1.1 では、ハンドラを明示的に使用する機能が追加されました。 ファイルの拡張子や置いている場所に基づいて、 ファイル型と関係なくハンドラを指定することができます。 これはより優雅な解決法という点と、ファイルにタイプハンドラの両方を関連付けることができるという点で優れています。 (複数の拡張子のあるファイルも参照してください)。

ハンドラはサーバに組み込んだり、モジュールとして含めたり、 Action ディレクティブとして追加したりすることができます。 以下は標準配布に組み込まれているハンドラです。

top

CGI スクリプトを用いて静的なコンテンツを変更する

以下のディレクティブによって、拡張子が html であるファイルは footer.pl CGI スクリプトを起動するようになります。

Action add-footer /cgi-bin/footer.pl
AddHandler add-footer .html

CGI スクリプトは希望の修正や追加を行なって、元々要求された文書 (環境変数 PATH_TRANSLATED で指されています) を送る責任があります。

HTTP ヘッダのあるファイル

以下のディレクティブは send-as-is ハンドラを使用するように指示します。このハンドラは自分自身の HTTP ヘッダを持っているファイルに使用されます。ここでは、拡張子に関わらず、 /web/htdocs/asis ディレクトリにある全てのファイルは send-as-is ハンドラによって扱われます。

<Directory /web/htdocs/asis>
SetHandler send-as-is
</Directory>

top

プログラマ向けのメモ

ハンドラの機能を実装するために、利用すると便利かもしれないものが Apache API に追加されました。詳しく言うと、request_rec 構造体に新しいレコードが追加されたということです。

char *handler

もしモジュールがハンドラに関わりたい場合、 やらなければならないことは、リクエストが invoke_handler ステージに達する以前に r->handler を設定することだけです。ハンドラはコンテントタイプの代わりに ハンドラ名を使うようになっていること以外は、以前と同じように実装されています。 必ず要求されているわけではありませんが、メディアタイプ の名前空間を侵さないように、ハンドラの名前にはスラッシュを含まない、 ダッシュ (訳注: "-") で分離された名前を付ける習慣になっています。

Available Languages:  en  |  es  |  fr  |  ja  |  ko  |  ru  |  tr